理事長挨拶


 このたび、飯塚市教育文化振興事業団は、平成26年4月1日より公益財団法人として新たなスタートを切ることになりました。
 当事業団は、平成3年3月に文化会館の効率的かつ弾力的な管理運営を行うとともに、芸術性の高い文化事業を実施し、加えて市民の文化活動の振興を図り、個性豊かな地域文化の創造に寄与することを目的に設立され、その目的達成のためにさまざまな事業展開を図ってまいりました。
 平成15年の法改正により指定管理者制度が導入され、当事業団は平成24年度から平成28年度まで飯塚市文化会館の管理運営を任されています。その3年目に、設立以来公益性の高い事業を行ってきた事業団として認められたことは、意義深く光栄に思うとともに、期待される責任と役割は、今後ますます大きくなっていくものと思っています。
 これを機に、新たな気持ちで職員一丸となって、より一層公益性を発揮し、市民の皆様から信頼され、愛される事業団になれるよう、事業の成果をあげ、その使命を果たすよう努力してまいりたいと考えています。
 今後とも、当事業団の活動につきまして、なお一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人飯塚市教育文化振興事業団
理事長 小 野 正 行